相談員募集

あなたも電話相談員として活動しませんか

いのちの電話は、孤独の中にあって、さまざまな問題をかかえながら相談する人もなく、 助け、慰め、励ましを求めている一人ひとりに、電話を通してよき隣人として対話するボランティアの活動です。相談員は匿名で、かけてくださる方の秘密を守り、お互いの思想や信条、宗教を尊重します。
茨城いのちの電話は、1985年6月につくば市で開局しました。1992年4月には水戸分室を開設し、現在、365日、24時間体制で、皆さまからのの相談を受けています。

相談の電話風景

「いのちの電話」相談員になるには

  • 相談員になるためには、応募の審査を経て、1年9ヶ月の養成講座研修の後、相談員として認定されてから活動が始まります。

どんな研修をうけるの?

  • いのちの電話の相談員になるにあたって必要なことについて、講義を受けたり、聴き方についてのトレーニング、グループでの研修などを行います。

相談員になったら

  • 原則として月2回、電話センター(つくばまたは水戸)に通って電話相談受信を担当します。また、月1回、グループによる研修も継続して行われます。また、電話相談を担当するほか、募金や広報などいのちの電話を支える活動にも参加します。なお、相談員の活動は無報酬で、交通費も自己負担です。

2021年度の相談員募集